チャーターコミュニケーションズ(CHTR)は買収統合で生き残りを図るケーブルテレビ会社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップ評価

米株erです。

今回はチャーターコミュニケーションズ(CHTR)の銘柄分析を掲載します。

チャーター・コミュニケーションズ株式会社は、米国2位のケーブルテレビ事業者です。同社は、住宅や商業の顧客に娯楽、情報通信ソリューションを提供しています。

このチャーターコミュニケーションズについて業績、キャッシュフロー、財務健全性、配当などの株主還元のデータをグラフ化し、見てみたいと思います。

銘柄分析の一覧はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チャーターコミュニケーションズはどんな会社?

基本情報
会社名Charter Communications
チャーターコミュニケーションズ
ティッカーCHTR
セクター(GICS)電気通信サービス
サブセクター(GICS)ケーブル&衛星放送
設立年1993年
本社所在地米国コネチカット州スタンフォード
社員数94800 (12月2017)
上場市場NASDAQ
指標NASDAQ-100 component
S&P 100 component
S&P 500 Component
決算月12月
連続増配年なし

チャーターコミュニケーションズの業績は?

売上高と営業利益、粗利率-1

一株利益(EPS)と自己資本利益率(ROE)-1

2016年から売り上げが急上昇していますが、これは米国ケーブルテレビ4位だったCHTRが2位だったタイム・ワーナー・ケーブルと、6位だったブライト・ハウス・ネットワークスを買収完了したことで3社の売り上げが統合されたことが理由です。

そのため、業績が上がっているというよりは、買収・統合で規模を拡大している状態です。

粗利率は比較的高いです。もともとケーブルテレビ事業は一度契約されれば景気にかかわらず解約されることもなく安定的に利益を出せる事業でした。しかし、近年はネットフリックス等のインターネットメディアに押され、契約者数が減っているため、買収・統合による効率化を図っているわけです。

チャーターコミュニケーションズのキャッシュフローは?

キャッシュフロー-1
キャッシュフローマージン(売り上げに対する営業CFの割合)は高いですが、前述の買収の影響で2016年に大きくマイナスになっています。

チャーターコミュニケーションズのバランスシートの健全性は?

流動比率と負債比率-1
財務状況は不安定です。
負債比率が非常に高くなった年があったため流動比率がもはや見えませんが、流動比率はここ2、3年も0.2~0.3で推移しており、自転車操業レベルです。しかし、前述の通りケーブルテレビ事業は本来安定した収入を得られるため、まだ事業継続に問題があるわけではないと考えられます。

ここ数年の負債比率は標準的ですが、上昇傾向がみられるのが良くないです。

チャーターコミュニケーションズの配当や自社株買いの推移は?

配当はありません。また、自社株買いは行っていますが、2016年まではほとんど行っておらず、傾向がみられるものではありませんでした。



所感

チャーターコミュニケーションズは2009年に一度破産しており、2010年に再度NASDAQに上場しました。その後買収・統合を進めて効率性を上げる(経費を圧縮する)ことで、インターネットメディアとの競争に対応していますが、ケーブルテレビを解約してインターネット動画配信に切り替える「コードカッティング」が広がっており、契約者数は減っていっています。

ちなみに2017年最も高額報酬を得たCEOランキングでチャーターコミュニケーションズのトーマス・ラトリッジ氏が9801万ドルで1位に輝いています。(NetflixのCEOの約4倍です)
CEOの高額報酬の問題は日産のゴーン氏で話題になっているところですが、アメリカでは当然ながらさらに高額ですね。

業績が良くなっているわけではないのに報酬は非常に高いCEOが率いる企業となっており、これから株主になろうという気にはなれそうにない銘柄です。

銘柄分析の一覧に戻る

よろしければ応援のクリックお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップ評価
記事が役に立ったらシェア
米株erをフォローする
米株2億の配当金生活を目指して

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました