シグナ(CI)は順調に売り上げを伸ばしている老舗保険会社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップ評価

米株erです。

今回はシグナ(CI)の銘柄分析を掲載します。

CIGNA社は1792年設立という老舗の保険会社です。アメリカ及び世界に医療、歯科、身体障害、生命や事故保険商品を提供しています。大部分は企業や政府組織、組合、協会などの団体を通じて保険を提供しています。

このシグナについて業績、キャッシュフロー、財務健全性、配当などの株主還元のデータをグラフ化し、見てみたいと思います。

銘柄分析の一覧はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シグナはどんな会社?

基本情報
会社名CIGNA Corp.
シグナ
ティッカーCI
セクター(GICS)ヘルスケア
サブセクター(GICS)マネージドヘルスケア
設立年1792年
本社所在地アメリカコネチカット州ブルームフィールド
社員数46000(2017年)
上場市場NYSE
指標S&P 500 component
決算月12月
連続増配年なし

シグナの業績は?

売上高-1
一株利益(EPS)と自己資本利益率(ROE)-1
売り上げは順調に上がっています。営業利益の情報は得られませんでした。EPSも上がっており、ROEも高い水準を維持しています。

シグナのキャッシュフローは?

キャッシュフロー-1
キャッシュフローも順調に増えています。
営業キャッシュフローマージン(売り上げに対する割合)も悪くありません。

シグナのバランスシートの健全性は?

負債比率-1

負債比率は低く、安定しています。流動比率は情報がありませんでしたが、安定的な月額費用を得られる保険会社という性質上、流動比率が問題になる可能性は低いと考えられます。

TTMで負債比率が上がっていますが、これは2018年3月に薬剤給付管理会社のエクスプレス・スクリプツ・ホールディングを買収することが決定したためです。

シグナの配当や自社株買いの推移と株価の推移は?

配当の傾向-1

配当は常に一定のため、業績の向上と共に配当性向は下がっています。
この株に投資をする場合、値上がり益に期待したほうがよさそうです。



株価は2018年後半の株安の中でも比較的堅調です。12月に下落していましたが、末から新年にかけて持ち直してきているようです。

オックスフォードインカムレター

所感

シグナは主に団体経由で提供される保険会社ということもあり、安定した収益が見込める事業となっています。

前述したエクスプレス・スクリプツ・ホールディングの買収は製薬会社への価格交渉力を強め、薬品価格の引き下げから保険支払いの減少、保険料の引き下げによる競争力の強化を狙ったものです。

配当はないですが、長期的な値上がりを期待するなら、こういった安定銘柄も良いかもしれません。株価はさかのぼれる限りでは1982年ごろには2ドル程度だったところから現在は200ドル近い水準にあり、100倍になっています。

銘柄分析の一覧に戻る

よろしければ応援のクリックお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村
初株キャンペーン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップ評価
記事が役に立ったらシェア
米株erをフォローする
スポンサーリンク
ferci
米株2億の配当金生活を目指して

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました
////////////////////////////   //シェア数表示用   ////////////////////////////