ノルウェージャンクルーズラインホールディングス(NCLH)はIPO後順調に成長しているクルーズ会社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップ評価

米株erです。

今回はノルウェージャンクルーズラインホールディングス(NCLH)の銘柄分析を掲載します。

ノルウェージャンクルーズラインホールディングスは、ノルウェー、オセアニアクルーズ、リージェントブランドを運営するクルーズ会社です。宿泊施設、複数のダイニング施設、バー、ラウンジ、スパ、カジノ、小売ショッピングエリアを提供しています。

同社は半分ほどの船で食事時間の決まりやドレスコードのない「フリースタイルクルーズ」を採用しており、カジュアルなクルーズを提供しています。また残り半分ではより高級志向のクルーズも提供しています。

このノルウェージャンクルーズラインホールディングスについて業績、キャッシュフロー、財務健全性、配当などの株主還元のデータをグラフ化し、見てみたいと思います。

銘柄分析の一覧はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノルウェージャンクルーズラインホールディングスはどんな会社?

基本情報
会社名Norwegian Cruise Line
ノルウェージャンクルーズラインホールディングス
ティッカーNCLH
セクター(GICS)一般消費財・サービス
サブセクター(GICS)ホテル・リゾート・クルーズ船
設立年1966年
本社所在地アメリカフロリダ州マイアミ
社員数31000
上場市場NYSE
指標NASDAQ-100 component
S&P 500 Component
決算月12月
連続増配年なし(無配)

ノルウェージャンクルーズラインホールディングスの業績は?

売上高と営業利益、粗利率-1
一株利益(EPS)と自己資本利益率(ROE)-1
売り上げも利益も順調に伸びています。クルージングということで船への投資が大きくなりますが、NCLHは残り1年ほどで大規模な改修を完了させるため、今後さらに利益率が高くなっていくとみられます。

ノルウェージャンクルーズラインホールディングスのキャッシュフローは?

キャッシュフロー-1
キャッシュフローも順調に増えています。船の大型改修のためにフリーキャッシュフローがマイナスになっているタイミングがありますが、今後は増えていくことが見込まれています。

ノルウェージャンクルーズラインホールディングスのバランスシートの健全性は?

流動比率と負債比率-1
健全です。債務比率は十分低いですが、今後も低下が見込まれます。流動比率は低めですが、NCLHは年々船のキャパシティを増やして売り上げを拡大させており、問題ないレベルです。

ノルウェージャンクルーズラインホールディングスの配当や自社株買いの推移と株価の推移は?

無配です。自社株買いもあまり安定して行っているわけではないようです。ただし、前述の通り大規模な船の改修完了が近づいており、余ったキャッシュを還元してくれる可能性はありそうです。

ここ1年ではこれまでにない大きさの自社株買いを行っていました。


オックスフォードインカムレター

所感

NCLHは2013年にIPOで上場した比較的新興のクルーズ会社です。しかし、上場後順調に売り上げと利益を拡大しており、安定成長しています。

また、最近の原油安やアメリカ経済の好調は燃料費の低下やクルーズ客の増加につながり、今後も伸びしろが十分にありそうです。

銘柄分析の一覧に戻る

よろしければ応援のクリックお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村
初株キャンペーン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップ評価
記事が役に立ったらシェア
米株erをフォローする
スポンサーリンク
ferci
米株2億の配当金生活を目指して

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました
////////////////////////////   //シェア数表示用   ////////////////////////////