アルトリア(MO)株はなぜ人気なのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップ評価

米株erです。

アルトリア(MO)は連続増配、かつ高配当な株として米国株ブログでも人気の企業です。
例にもれず米株erも保有しています。
2018年にも2回の増配を行い、連続増配は49年目となりました。来年も増配できれば配当王銘柄ですね。

そもそもアルトリアが連続増配可能なのは、安定した事業を持っているからです。
米国で煙草を製造販売するメーカーであり、マールボロと言えば日本でもなじみがあります。
(米国と海外事業で分社化しており、日本で売られているマールボロはフィリップモリスが販売しています)
アルトリアの営業利益率は40%~50%となっており、他業種でもここまで高い営業利益率はなかなかありません。

タバコは世界的な健康志向から規制がかかり、縮小されようとしている分野です。
しかし、逆に言うと他社の新規参入は難しくなっており、
すでに安定したブランドを保持するアルトリアにとっては参入障壁として機能しています。
また、新規投資して広告を打ったり新商品を次々開発しなくとも売れますし、
市場が縮小した分多少値上げしても売れることからも安定的に利益を上げられる構造になっています。

また、アルトリアはアンハイザー・ブッシュ・インベブ株(BUD)を9.5%保持しており、
1000億円近い配当収入を毎年得られるようになっています。

アルトリアは株主還元に積極的です。
配当性向80%の維持を株主に約束しており、上記の安定的な利益を株主に還元してくれています。
http://investor.altria.com/phoenix.zhtml?c=80855&p=irol-newsArticle&ID=2373415

  • アルトリア調整希薄化後EPSの約80%の配当性向目標を維持する予定です。将来の配当支払は、取締役会の裁量に委ねられます。

しかし、アルトリアの株価は2017年以降下がっています。これはFDA(アメリカ食品医薬品局)によるタバコ規制の影響です。




業績の安定にかかわらず、アルトリアの株価は規制や訴訟、税制の変化等の影響を受けます。

11月中旬にもFDAが全米でメンソールたばこの販売を禁止する方針を表明し、暴落しています。
アルトリアは米国でのアイコス販売をFDAに申請しており、投資家の中には承認による株価急騰を期待する向きもありますが、最近の規制強化の方針を見ると難しそうです。
FDA長官がゴットリーブ氏である間は承認される可能性は薄いかと思われます。
別のポジティブな要素がない限り株価の上値は重そうです。
ただ、規制が実行に移されるまでには科学的な検証を含めて時間がかかりますし、業績に大打撃を与えるとは限りません。長期的に見ればむしろ買い時と言えるかもしれません。

よろしければ応援のクリックお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村
初株キャンペーン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピックアップ評価
記事が役に立ったらシェア
米株erをフォローする
スポンサーリンク
ferci
米株2億の配当金生活を目指して
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました
////////////////////////////   //シェア数表示用   ////////////////////////////