ニオ(NIO)の2020 3Q決算は好調!内容を見てみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
logo of NIOポートフォリオ

米株erです。

先日ポートフォリオ入りしたニオ(NIO)が11/17に2020 3Q決算を発表しまし、内容は好調でした。遅ればせながら決算内容を公式HPなどの情報からまとめたいと思います。

logo of NIO
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020 3Q業績とこれまでの推移

まずは2020 3Q(2020-09月期)の売上高、営業利益、粗利率と、これまでの推移を見てみましょう。

2019-092019-122020-032020-062020-09
売上高(百万元)18372848137237194526
営業利益(百万元)-2409-2826-1570-1160-946
粗利率(%)-12.08-8.92-12.178.4212.95

売上高は前年同期比+146.4%、前期比+21.7%と順調です。営業利益は赤字が続いていますが、減少傾向が続いており、何より粗利率が2期前までマイナスだったのが12.95%まで上昇してきています。

このままの傾向が続けば数期先には黒字転換できる可能性があり、見通しが明るくなってきています。

売り上げの源泉である車両販売数の推移は以下の通りです。

販売台数は増加傾向にあります。車両販売による売り上げが42億6680万人民元ということで、売り上げのほとんどを占めています。NIOは定額サポートによる継続的な収入を得るビジネスモデルを目指していますが、現状は車両販売台数が業績に直結しています。

CEOウィリアム・ビン・リーのコメント

CEOウィリアム・ビン・リーのコメントでは生産能力の引き上げにより2020 4Qには16,500〜17,000台の車両を納車する予定であることを述べていました。

今後の見通しとしても「当社の注文増加の勢いは着実に続いており、ブランド認知度の拡大、ユーザーベースの拡大、販売ネットワークの拡大、そして最も重要なのは魅力的な製品とテクノロジーです。一方、運用効率、キャッシュフロー、バランスシートの継続的な改善により、将来の持続可能な成長とテクノロジーへの決定的な投資の確固たる基盤が築かれました。」と語っており、着実に成長を続けているようです。

オックスフォードインカムレター

今後の見通し

2020 4Qでは以下の通り予測されています。

  • 車両販売数:16,500~17,000台(3Qの35.2%~39.3%増
  • 売り上げ:6,258.7百万人民元~6,4,35.8百万人民元(3Qの38.3%~42.2%増

以上のように、売り上げの伸びが予測されるうえ、粗利率も改善傾向にあり、黒字化に向けて着実に成長を続けているようです。

米株erとしては短期売買もありうる銘柄でしたが、中長期的に保持していけそうです。

よろしければ応援のクリックお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村
LINE証券
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ポートフォリオ
記事が役に立ったらシェア
米株erをフォローする
スポンサーリンク
ferci
米株2億の配当金生活を目指して

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました