ビザ(V)の株は買い?業績・配当グラフと株価チャートをチェックしよう(2020-10)更新

スポンサーリンク
スポンサーリンク
S&P500銘柄分析

米株erです。

今回はビザ(V)の業績・配当をグラフ化し掲載します。最後にリアルタイムの株価チャートも掲載します。

ビザのロゴ

ビザ社(Visa Inc. (/ˈviːzə/ または /ˈviːsə/) (別名VISA、様式はVISA)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州フォスターシティに本社を置くアメリカの多国籍金融サービス会社である。 Visaブランドのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを通じて、世界中の電子送金を促進しています。 Visaは消費者に対してカードの発行やクレジットの拡張、料金や手数料の設定を行うのではなく、Visaブランドの決済商品を金融機関に提供し、金融機関はそれを利用してクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、キャッシュアクセスプログラムを顧客に提供しています。 2015年、クレジットカード業界を追跡する出版物「Nilson Report」によると、Visaのグローバルネットワーク(VisaNetと呼ばれる)は2014年中に1000億件の取引を処理し、総取引量は6.8兆米ドルに達したという。


Wikipediaから引用・翻訳

このビザについて業績、キャッシュフロー、財務健全性、配当などの株主還元のデータをグラフ化し、見てみたいと思います。

銘柄分析の一覧はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビザはどんな会社?

ビザの基本情報は以下の通りです。

会社名Visa Inc.
ビザ
ティッカーV
セクター(GICS)情報技術
サブセクター(GICS)データ処理・業務委託
設立年1958年
本社所在地Foster City, California, United States
社員数19,500人
取引市場・採用指標Class A:
NYSE: V
DJIA component
S&P 100 component
S&P 500 componentClass B: UnlistedClass C: Unlisted
決算月09月
連続増配年12年

ビザの業績は?

業績は主に売上高と営業利益、粗利率からわかります。
売上高と営業利益は高くいほど、また成長しているほど良いです。粗利率は高いほど安定して稼げる事業であることを示しています。
一株利益が高いほど株主が投資する価値も高く、自己資本利益率が高いほど投資された資金をもとに効率よく稼いでいることがわかります。

Vの売上高と営業利益、粗利率のグラフ
2010-092011-092012-092013-092014-092015-092016-092017-092018-092019-09TTM
売上高(百万ドル)80659188104211177812702138801508218358206092297722882
営業利益(百万ドル)454454636239724281509078976212163135611540115053
粗利率(%)79.680.279.579.681.281.681.782.381.381.980.5
VのEPSとROEのグラフ
2010-092011-092012-092013-092014-092015-092016-092017-092018-092019-09TTM
一株利益(EPS)(ドル)1.001.290.791.902.162.582.482.804.425.325.26
自己資本利益率(ROE)(%)12.3114.197.9118.2119.9722.0520.7923.7635.6541.8339.34

ビザのキャッシュフローは?

事業の規模や拡大、縮小傾向はキャッシュフロー、すなわちお金の流れがどれだけ大きいかからわかります。
キャッシュフローは金額が高く、また売り上げに対する割合が高いほど効率的に稼いでいることがわかります。

Vのキャッシュフローのグラフ
2010-092011-092012-092013-092014-092015-092016-092017-092018-092019-09TTM
営業CF(百万ドル)26913872500930227205658455749208127131278412386
フリーCF(百万ドル)24503519463325516652617050518501119951202811569
売上に対する営業CFの割合33.366442.141948.066425.65856.723447.435236.95850.15861.686655.638254.1299

ビザのバランスシートの健全性は?

バランスシートが健全なのか、つまり負債等が事業継続の障害にならないかは流動比率や負債比率からわかります。
流動比率は1以上なら1年以内の支払いに問題ないことを示し、負債比率は低いほど返済不履行になる恐れが低いです。
しかし、成長を続けていたり顧客からの支払いが滞る可能性が低い事業なら流動比率1以下でも問題なく、負債比率が高くても増えていっていなければ効率よく負債を利益に変えているとも言えます。

Vのバランスシートの健全性のグラフ
2010-092011-092012-092013-092014-092015-092016-092017-092018-092019-09TTM
流動比率
(流動負債に対する流動資産の倍率)
2.502.661.481.801.592.031.781.901.611.561.55
負債比率
(自己資本に対する負債の倍率)
0.580.610.580.570.59
オックスフォードインカムレター

ビザの配当や自社株買いの推移と株価チャートは?

企業が株主還元に積極的かどうかは配当による直接的な還元や自社株買いによる株価押し上げの傾向からわかります。
配当や自社株買いを安定的に行っているほど株主への還元意識が高いと言えます。
配当利回りだけでなく、自社株買いによる還元も合わせて見るとその銘柄の実質的な利回りがわかります。
ただし、配当性向が80%以上など高くなりすぎると無理をしている状態になり将来の減配の恐れがあります。
また、利益を次の投資に使い事業を拡大し続けて株価を上げることで株主還元するという方針をとり、配当なしとしている企業もあります。

Vの配当の傾向のグラフ
2010-092011-092012-092013-092014-092015-092016-092017-092018-092019-09TTM
一株配当(ドル)0.130.150.220.330.400.480.560.660.821.001.15
配当性向(%)11.640.914.717.519.223.423.619.118.521.8
増配率(%)15.384646.66675021.21212016.666717.857124.242421.951215
Vの配当合計と自社株買いのグラフ
2015-092016-092017-092018-092019-09TTM
配当金合計(百万ドル)1177.01350.01579.01918.02269.02565.0
自社株買い合計(百万ドル)2910.07157.06891.07192.08607.08699.0

銘柄分析の一覧はこちら

よろしければ応援のクリックお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村
LINE証券
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
S&P500銘柄分析
記事が役に立ったらシェア
米株erをフォローする
スポンサーリンク
ferci
米株2億の配当金生活を目指して

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました